〔電子書籍〕逆境に強い人<br>折れない心のつくり方 加藤諦三講演集

〔電子書籍〕逆境に強い人
折れない心のつくり方 加藤諦三講演集

現代のように、非常に変化の多い社会ではうつになる人が増えている。そんな中でも逆境に強い人がいる。では逆境に強い人と、心の折れやすい人の違いはどこにあるのだろうか。それは変化をどう捉えるか、あるいは気持ちをどう置くかによって変わってくる。本書は逆境に強い、折れない心をつくる方法を教えてくれる。

【目次】
はじめに

第一章 危機を元気に乗り切った経営者たちの「三つの共通点」
    変化を楽しめる人は危機に強い
    惨め依存症」と「うつ病」の人が抱く変化への不安
    「幸福な人」「不幸な人」の違いとは?
    身近な存在との深いつながりに価値がある
    アメリカの家族観と「変化」に対する価値観
    現状に不満を言うだけの人、変える努力のできる人

第二章 逆境に強い人のメンタリティとは
    その一 変化を〝脅威〟ではなく〝やりがい〟ととらえる
    その二 周囲の人たちとの深い関わりを大切にする
    その三 物事を「自分がコントロールする」という感覚を持つ
    ストレスに強い人が持つ「四つのC」
    幸せか不幸かは、その人の〝ものの見方〟で変わる
    物事の「結果」と「幸福度」は別物
    問題解決の意志がなければ、幸せにはならない

第三章 逆境は「不幸」か? ――あなたの〝解釈〟で世界は変わる
    人生を左右する「楽観的解釈」と「悲観的解釈」
    「拡大解釈」と「限定解釈」というもう一つの指標
    物事を悲観的に考えると能力は落ちる
    苦しみや不満を生み出すのは「事実」そのものでない
    こころの苦しみを「書き出す」ことのすすめ

あとがき



<当シリーズ>
〔電子書籍〕逆境に強い人 折れない心のつくり方
〔電子書籍〕逆境に弱い人 ここに気づけば強くなれる
〔電子書籍〕逆境に勝てる人 傷ついた自分をどう捉え直すか

出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/2/19)

前のページ 次のページ