自立と依存の心理

自立と依存の心理

・人の評価が常に気になる。
・どこかで今以上の何かを期待している。
・すぐに成果がでないと不安。
・無駄なことはしたくない。
――こんな感情に人は、「依存の心理」が垣間見える。どこか不安で自分に自信を持てないのは、「心の自立」ができていないのでは? 本書では、ありのままの自分という存在に自信が持てるようになることで、その自信が心の支えになるとアドバイス。自分自身を認め、本当の心の自立をすることで、逆境に折れない生き方を学ぶ。
他人にどう思われるかではなく、自分がどう思うかを大切にすれば、不安はなくなる。
『心の支え方』を改題。

人の評価が常に気になる。すぐに成果がでないと不安。無駄なことはしたくない。―こんな感情には「依存の心理」が垣間見える。どこか不安で自分に自信を持てないのは、「心の自立」ができていないのでは?本書では、ありままの自分に自信を持つことで、その自信が心の支えになるとアドバイス。自分自身を認め、本当の心の自立をすることで、逆境に負けない生き方を学ぶ

購入 - Amazon

前のページ 次のページ