自立と依存の心理

自立と依存の心理

購入 - Amazon

仕事熱心で真面目な人だけれども心の支えがない人の症状はどのようなものであろうか。
それはいつも焦っていること。
景色を見ていても、田舎道を歩いていても、いつも「こんなことをしていられない」と内から急かされている。
疲れても休養がとれない。虹を見ても、それに満足しない。
こんな良いことが目の前で起きているのに、何かもっと良いことがあることを期待する。
常に今以上の何かを期待している。そして今を生きられない。
いつも受験勉強しているような生き方。今していることが目的になっていない。
今していること自体から満足が得られない。だから勤勉で真面目な人なのだが、いつか燃え尽きる。
将来のために今がある。合格しなければ意味がない受験勉強の様な今の生き方である。
今が今として意味を持たない。 無駄が嫌い。無理をする。何をしても過剰傾向になる。
いつも今よりもっと成果を上げなければならないと考えている。業績指向が強い。
今していることが常に何かの成果とつながっていないと不安になる。
そうでないと不安になって焦ってしまう。

今がどんなに美しい季節でも、今を味わうことが出来ない。
たとえば今、目の前の秋の紅葉を楽しめない。晩秋の季節に、落ちた紅葉で道が輝く。
その目の前に広がる黄金色の絨毯を楽しめない。
黄金色の絨毯を見て、「これで良かった」と思えない。ここに来た甲斐があったと思えない。
ここに来たことで、黄金色の絨毯を見たこと以上に、何らかの仕事上の業績が上がらなければ気持ちが落ち着かない。
黄金色の絨毯に見とれているよりもお金儲けの仕事をしていないと気持ちが落ち着かない。
常にその場で成果がほしい。それは業績とか成果で心を支えているから。待てない。
心の中に何かを溜めておくことが出来ない。その場その場で自分を表し、その場で賞賛がほしい。
今していることが成果に結びつかないと、していることが意味を持たない。だからいつも焦っている。
焦っても業績が上がらないと無気力になる。そして大きな成果を期待する。満塁逆転ホームランを期待する。
問題を解決する意志がないから人生が楽しくない。今していることが楽しくない。
何か楽しいことであればエネルギーが湧いてくる。「この困難を乗り越えよう」というエネルギーが湧いてくる。
そのエネルギーがない。楽しいということがないし、心の支えがないからいったん倒れてしまえばもう立ち上がれない。
トラブルになると文句を言うことが主題で、解決する意志がない。相手の言うことを聞こうという意志がない。十年経っても同じことを言っている。

人が破綻なく生きていくのに必要とするのは先ず心の支え。最近何かと話題になるうつ病者にはこの心の支えがない。
人は心の支えがなければ朝起きても心細い、夜寝るときにも心細い。夜中に目が覚めても心細い。
その心細さをどうにも出来ない。この本はその心細さを何とか解決するための本である。
今心の支えがない人について書いてきたが、心の支えがある人と心の支えがない人とはどう違うか。
心の支えがある人。それは今に集中できるが、今の成果を求めて焦ることはない。
そして満塁逆転ホームランを期待しない。1点ずつ返していこうとする。諦めないで1ミリずつ先へ進むことを考える。
自分に何か欠けていることを嘆かない。欠けているものを補って工夫していくことに生きる意味を感じる。
生きがいとは積み重ねである。一つ一つの問題を解決するから、人生に意味がでてくる。
心の支えがあると、何か楽しいことがあるから「この困難を乗り越えよう」というエネルギーが湧いてくる。
それは努力する楽観主義者。楽しいということは心の支えがある人が体験することである。
問題を解決する意志があるから、素直さがある。自分の非を認められる。
仕事で疲れたら休養がとれる。夕陽を見ている様なときに、それ以上求めない。
夕陽の輝きを見て思わず手を合わせる。
ささやかな幸せを知っている。今日一日健康で生きられたことで大満足。
[15/03/18]

※本書は2010年1月刊行の「心の支え方」を改題したものです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

・人の評価が常に気になる。
・どこかで今以上の何かを期待している。
・すぐに成果がでないと不安。
・無駄なことはしたくない。
――こんな感情に人は、「依存の心理」が垣間見える。
どこか不安で自分に自信を持てないのは、「心の自立」ができていないのでは?

本書では、ありのままの自分という存在に自信が持てるようになることで、その自信が心の支えになるとアドバイス。

自分自身を認め、本当の心の自立をすることで、
逆境に折れない生き方を学ぶ。
他人にどう思われるかではなく、自分がどう思うかを大切にすれば、不安はなくなる。

購入 - Amazon

前のページ 次のページ